自宅で仕事をする

オフィス内

以前はオフィスビルに存在する部屋を借りて、企業を運営する事が当たり前でした。しかし最近になってその前提が崩れつつあります。自宅を仕事場にするSOHOという形態が登場したからです。 パソコンだけで仕事を進める人は、必ずしもオフィス通いをする事はありません。なぜなら家庭でもインターネット環境が整っていれば、十分仕事を行えるからです。 しかし取引先との契約において、自宅を住所に活用する事で不安を与える場合があります。だから住所だけを借りるバーチャルオフィスと呼ばれる形態が、人気を集めているのです。バーチャルオフィスは賃貸事務所の一種で、住所や電話番号だけを借りるサービスです。借りるのは論理的な情報だけなので、利用料金は比較的安く設定されています。

バーチャルオフィスに限らず、最近では個人事業者向けの賃貸事務所が増えています。賃貸事務所を借りるメリットは、無関係の人間が集まれる場所を形成するためだけではありません。集中できる環境を手に入れるためでもあります。自宅で仕事をしていると費用面では節約できますが、集中できる環境とは限りません。そしてそれがパフォーマンスを落とす可能性があります。 だから個人が賃貸事務所を借りる事を前提にしたサービスが、急成長を果たしました。その1つにシェアオフィスと呼ばれるものがあります。その名の通り複数の利用者でスペースを共有する賃貸事務所です。個人の利用者が賃貸事務所を借りると空間の無駄が多いという問題を、複数で共有して解消するのが狙いになります。