裏方の仕事をする

不動産

ビル管理と言うのはその名の通りビルディングの管理してよい状態を保つことを指します。ビルとひと口に言ってその用途や形状は様々で、大型百貨店やオフィスビル、商業施設、病院と多岐に渡ります。 ビル管理と言えば裏方の仕事であまり主だった感がしない仕事と捉えがちですが、大型のビルであれば点検や保守すべき設備は非常に多くあります。例えば建物の電球が切れた時の交換対応、給気排気ファンの点検や電気設備の保守、トイレなどの水回りの点検、ボイラーや冷凍機の点検など多岐に渡っての広い知識が望まれます。一昔前まではビル管理は座って監視盤を見ているだけの仕事と言うイメージですが、ここ最近は建物の大型化が進み、その分ありとあらゆる知識と技術が求められる傾向にあります。

ビル管理には様々な知識が求められると前述で述べましたが、それに伴っての必須と言える資格も非常に多いのがビル管理の特徴でもあります。 例えばボイラーや冷凍機がそれにあたり、ごく最近はボイラーや冷凍機を置いていない設備も多いですが、病院や工場などでは現在も普及しているので必須といえます。また電気工事士などの資格もありとあらゆる設備での活躍が望めます。特に電気の資格の最高峰とも言われる電験を求めるている企業は非常に多く、需要があるといっても過言ではありません。 他の資格であれば危険物取扱責任者や消防設備士など緊急時の対応に役立つ資格などもあり非常に多岐に渡っています。 ビル管理会社の多くは慢性的に人手不足でもあるので、求職者はこれらの資格を足掛かりにして転職するといった形もあるのでオススメといえます。